いまさら、インプレをしてみても殆ど役に立たないこのシリーズですが、備忘録的に、折を見て続けていきたいと思います。

今回は、日本無線のNRD-345です。

日本無線の民生用短波帯受信機と言えば、その初めはNRD-505あたりになるのでしょうか。

手元の1980年版「BCLマニュアル」を見ると価格が389,000円、そのひとつ下のグレードのNRD-515が258,000円といずれも、当時の中学生には、非現実的な価格でした。

それだけに「日本無線」は、当時「八重洲無線」と共に憧れのブランドでした。

八重洲無線にはFRG-7という、やや現実的な価格の受信機がありましたが、日本無線には、長らく20万円以下の受信機は存在しませんでした。

それが1996年に10万円を切る低価格で、突如普及型受信機NRD-345が登場しました。

型番がNRD-4○○ではなく、NRD-345という辺りに日本無線側の「NRD-5○○番台の受信機群とは、全く別物だよ。」というエクスキューズが見て取れます。

いずれにしろ、10万円を切る価格で日本無線の受信機が手に入るとあって、30歳くらいになっていた私は、当時勤務地が近かった秋葉原のカクタエックスワンでカタログをもらい、販売価格調査の結果、ロケットアマチュア無線本館で、確か8万9千円くらいでメデタク購入いたしました。

当時は、BCLラジオのクーガ2200しか持っておらず、BCL熱もだいぶ冷めかけていたのですが、NRD-345によって再び、その熱が上がってきたのでした。

続く